« デンマーク戦 | Main | 広島戦&京都戦 »

パラグアイ戦

開幕前は、予選リーグで勝ち点1を取れれば御の字ではないかと思っていた。
金子達仁さんが(たぶん……違っていたらすみません)「韓国は、初出場から初勝利まで40年かかった。日本も、自国開催の日韓を特例として、そのくらいの覚悟をすべき」という意見が非常にもっともと思えたのです。

それが、みんながもてるだけの力を発揮しての16強。すばらしいと思います。
そして、パラグアイ戦ですが、レッズに関しては常に悲観的な自分なのに、なんとなく勝てるかも~と思ってました。特にPK戦にまで持ち込めばきっと勝てると。ちょっと気のゆるみがあったのかなあ? 「あんたの気がゆるもうが、どうしようが勝敗には関係ない」と常々相方には言われてるんですが、そうはいっても、やっぱり気にしちゃうのがファン心理というものです。

それから、中学の方は確認してないんですが、小学校の方には「祝ワールドカップ出場 川島選手」という垂れ幕が出てました。ちょっと小さめだったけど。やっぱりなんか出せ!という意見が来たんでしょうね。

|

« デンマーク戦 | Main | 広島戦&京都戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24739/48758539

Listed below are links to weblogs that reference パラグアイ戦:

« デンマーク戦 | Main | 広島戦&京都戦 »