« May 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

G大阪戦

生観戦は5月末のマリノス戦以来、本当に久しぶりです。
それにしても、勝てませんね。
ガンバのシュートを二つ、ゴールポストが防いでくれたときに「今日もポストの神様はいる!」と思ったのですが、そのすぐ後に「次に来るのは引き分けの神様?」とちらりと思ってしまいました。それが悪かったです。そんなことは思ってはいけません。

だけど、試合自体はとてもおもしろかった。
初先発の堤は試合が進むごとに自信をつけてきて、どんどん前にボールを送り、自分も積極的に飛び出していった。層の厚さ故、若手が育ちにくいとも言われるレッズだけど、ちゃんとこうして成長している選手はいます。
細貝なんかはもう中核と言っていいほどだし、みててわくわくします。

堀之内も守備にシュートにと大活躍。ヘッドがポストに当たった後、しっかり姿勢を立て直してクロスを上げたのは本当にすごかった。あのがんばりが堀之内の真骨頂だと思う。(「堀之内ら控え選手」と書いたサンスポ、本当にいつもサッカー見てるのか!?)
ポンテと伸二は、完全に二人の世界を作っていた。何でこのボールが通るの? 後ろに目があるの?というパスがいくつも通っていた。献身的に走り回る伸二。コンディションさえ整っていれば、やっぱりやってくれる選手です。
内舘もなんども相手のパスを防いだり、攻撃に絡んだりシュートを打ったりしていた。
内舘のシュートが決まった(と見えた)時には、わたしが坐っていた駒場ご当地エリアの人たちはハイタッチを交わしあって歓喜の渦って感じだった。「小野がさわってるよ」と同行者は申しましたが「いいの! あれは内舘の得点!」と言い張ってたんですが、2点目がオフサイド(?)で取り消しになったとき出てきた表示で、やっぱり伸二の点になったのだと知りました。二重にがっかり。
2対0にできていれば、小池、西沢、赤星たちもみられたのかも。ちょっと残念でしたね。
すべてはアウェイガンバ戦にかかっています。
次こそ、内舘の得点を!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | August 2007 »