« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

甲府戦

観客が4万人を割ると、ちょっと寂しいのですが行き帰りはぐっと楽です。

それにしてもサッカーって難しい。
素人目には、甲府にボールをまわされてるように見えたのですが、まわさせていたとのこと。いろいろな方のエントリを見ると、甲府が後半崩れるのはいつものこと、のようですので、それまでは押さえるところだけは押さえておいて、じっくりゆったり横綱相撲だったのでしょうか?
でも、守備の時に2,3人で目の前のボールをじっと見つめてしまったり、一人の選手と一つのボールに3人が猛ダッシュして、どフリーの人を作ったり、というのは、やっぱりまずいんじゃないのかなあ?
相手にバレーがいたら、負けてたんじゃないか、という気持ちもぬぐえないです。

今度こそワシントンにはスランプ脱出をしていただきたい。ゴール前でキーパーと一対一、なんて言うときに迷いが見えるのはやっぱりスランプなんじゃないのかなあ。結果的に得点したのは、もっとぎりぎりの一瞬の判断、という状況のときだったし、迷う暇がなかったのがよかったんじゃないかと。

それから、闘莉王。あんまり山田さんを怒らないでください。また、打つべきシュートを打たない病が再発してしまいます。あそこはシュートでよかったと思いますよ。それにしても、最後、挨拶に回っているときにも、山田さんにあれこれ言って怒ってました。山田さん負けるな、次もシュートを打て!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横浜FC戦

さすがケンシロウ様、デザインを変えたかいがありました。

入場は約5万7千とのことで、最終戦よりもだいぶ少ないはずなのに、電車など感じとしては今までで一番混雑していたように思えます。
ビジュアルの指示を伝える人がいつもよりこまめに廻り、丁寧伝えてくれていたのは開幕戦でだったからなのかな。きれいな赤白模様でした。(後で画像を見たら)

とにかく負けないで、勝て、と念じながら見ました。
「ギドの時にも最初はうまくいかなくて、応援拒否なんてあったじゃない」とネガティブになりそうな自分に、ネガティブな慰めを言い聞かせる。それにしても選手紹介最後に「監督、ギド・ブッフバルト」とならないのにまだ寂しさとともに違和感がある。

ホリがベンチ入りしていてよかった。対して、闘莉王はベンチにも入っていない。ついに録画を見る勇気が湧かなかったゼロックスの惨状を思い出す。
試合の方は、「ああもう、何とかして!」という気持ちと、「これだけひかれていてはねえ」という気持ちとが交錯する。しかし、ワシントンは絶不調ですね。これも「去年もPK2回失敗したりしてるんだし……」とネガティブに自分を慰める。これはもう、Not his day ということであきらめるしか無いんでしょう。
相手オウンゴールで得点した後「もうなんでもいいです」とつぶやいたら隣のおばさんも「何でもいいわよねえ、入れば」と同意してくれました。
久保のゴールはすごかった。いっそ、いいものを見た、と言ってしまってもいいくらい。試合終了後、東川口のテレビのある飲み屋で夕食を食べたんだけど、テレビ埼玉の録画中継が流れている中、店内が一番沸いたのはやはり久保のゴールでしたね。その後の「うひょひょひょひょ~」って感じの喜び方もおもしろかった。つくづくドイツワールドカップの時に彼が絶好調でいてくれたなら。。。。

ハーフタイム、レディアとフレンディアの双子のお子さんの名前が発表されました。応募400通あまりとは、サポの人数からすればあまりの少ない、のわりには、発表時に拍手がわき起こった、と思ったら、後半開始で選手が登場したからでした。

後半も、これはもう引き分けで御の字かな、と言う展開。そんな中での永井のゴールは本当にうれしかった。さすが浦和の9番。これからも頼みます。

さて、次は水曜ACL。風邪気味だけど意地でも行くぞ!と思っていたら、「ACLのチケットならお前が行くと言うといけないから、××さんの家の子にあげたわ」と親に言われてしまった。さすがお見通しです。正直水曜行ったら体持たないかなとは思ってました。おとなしくテレビ観戦します。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »