« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

今更ですが優勝!

優勝してからは、スポーツニュースとサイト巡りに費やし、さてそろそろ自分のブログも更新、と思ったらメンテナンスだし、ほぼ1週間経ってしまいました。
ついについに優勝です。日本一のサポーターではなく、日本一のチームのサポーターになりたい、というレッズサポーターの夢がついに実現しました。(わたしはサポ未満ですが)
当日は、気合いを入れていつもよりちょっとだけ早く行きました。
広場で「はなまるマーケット」の海保アナが中継してましたが、どの番組だったんだろう?月曜のはままるで、ヤックンはレッズ優勝に触れてくれたのに、海保アナは触れてくれなかったのがちょっと寂しい。

席に着くと、先に坐っていた父が、自分の席のビニールシートをわたしの席の方にさして、自分の所にはビールのコップを入れている。1枚が赤で1枚が白。
「どっちがどっちだった?」 
「さあ……」
「思い出してよ。それによって文字がくずれちゃったりするでしょ」
「巻きがほどけてないのがそっちだと思う」
なんて会話をしたのですが、文字ではなくてエンブレムだとは夢にも思いませんでした。ずいぶん細かく色が変わっているようなので、文字かな、と思ったのです。私たちの席は、桜草の輪郭あたりでした。

キックオフは、みんな立ち上がって迎える。ゴール裏の人たちはみんな隣の人と手をつないでいたけれど、私たちのいたあたりは、つないでる風に手を上に上げている人が多かった。(わたしも、実は)

トイレなど、各所に「手拍子をしよう。隣の人と手をつなごう。最後まであきらめるな」という張り紙がしてある。普通なら、かなり有利な立場にいるレッズが「最後まであきらめるな」というのはそぐわない。だけど、「やっぱりレッズは挑戦者なんだ」と不思議に納得して、妙に心強くなった。

さて、試合の方は……例によって半分しか見てません。相手がボールを持っていてスタジアムにブーイングが響いている間は、目をつぶったり、酎ハイの紙コップの底を見つめたり、双眼鏡でベンチを眺めたり。毎回、今度こそ試合を全部見るぞ、もう残り少ないんだぞ(最後なんだぞ)と言い聞かせるのですが、無理です。それでも、今年は例年よりは試合を見てたかな。安心してられる時間帯も多かったから。

最後の方、ほぼ優勝は間違いなし、ただ、引き分けちゃうかも、というときは本当にドキドキした。例によって最後の方はひたすら攻められて(攻めさせて?)ひやひやしながらもしのぎきる。そのころには、再び場内は総立ちになっている。
本当に、6万2千以上の人が一つになるってすばらしい。本当に気持ちよくって、幸せで、何とも言えない気持ちになる。
メダル授与は元社長の犬飼氏、感無量でしょうね。選手たちと抱き合っていた。それから、ロイヤルボックスの赤い服の女性が、しきりにゴール裏の写真を撮っていたのが印象的。誰だったんでしょうね?
そして、選手たちの場内一周。子どもたちの姿も見える。やっぱりヤマジュニアに注目しちゃう。当たり前だけど年々成長してます。アレジュニアもかわいかった。心なしかつまらなそうな永井が気になる。
コールリーダーの手にも優勝杯が渡される。そうでなくちゃ。

久々に「We Are Diamonds」を歌ってからスタジアムを後にする。
携帯には、「おめでとう」のメールが入り、次の日曜には近所の毎日新聞がスポニチを入れておいてくれた。
夜中には、うちの前を「浦和レッズカンペオーン」と歌いながら通る人がいる。

さいたまは幸せな町だ。(わたしは浦和ではないので)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »