« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

なんともなんとも……

不細工な点の取られ方だなあ。
得点の仕方としても不細工だけど、失点とすればもっと不細工。
最後は高松が押し込んだらしいけど、まあ、ホリとか闘莉王のおしりにあたって入った、というのじゃないだけマシかな。
それにしてもエンジンかかるの遅すぎです。
加茂さんとアナウンサーがどちらかというとレッズ寄り、というか「まだわかりませんよ。レッズなら2,3点すぐ入れられます」っていうような感じで話してるから、なんかいたたまれなかった。
ごめんなさい、加茂さん。期待には応えられそうもありません、っていう感じで。

原因は代表勢の疲労なのか、何なのか?
問題は、この中断で他チームは休めても、もし今まで通り選出されたら、レッズ勢は休めないってこと。
しかし、これを乗り切らなければ優勝はないのだし、A3などにでたガンバやJEFなんてチームぐるみ休みがなかったのだから、あまったれたことは言えない。
順位が3位になってしまったことについては、今の時点ではまあいいかな、と思っている。
追われる立場よりは追う立場の方がやっぱり楽で、力も出しやすいから。
しかし、残り試合はひとつひとつ少なくなっていくのだから、いつまでもこんなことは言っていられない。
とりあえず、
大原にベッカムカプセルを!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私信:チェリさん

マリノスサポのチェリさんご本人か、チェリさんのことをご存じの方がいたら、メール、あるいはコメントください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

FC東京戦&イエメン戦

まずは土曜日のFC東京戦。
ひっさびさの生観戦。中国語から直接行くとちょっと早いのでイオン浦和美園店をのぞいてから行ったんだけど、屋台村で豆腐ドーナッツを買って、スタジアムに着いてからチューハイの列に並んで、カレーが食べたかったのにそこでは買えなかったから、列を買えてカレーを買ったら、結局いつものとおりぎりぎりに席に着くことになってしまった。
それにしても、サポーターは始まる前から気合い十分。
なに? 今日は何か特別な日? と思うくらい盛り上がっている。相手が東京だからなのか、再開後、初めての埼スタだからなのか?
開始早々の伸二ゴール。これまた大盛り上がり。そして、スタジアムの空気がすごく優しい。伸二が苦しんでいることを知っていて、みんなで全力で彼を支えていることがわかる。わたしもうれしくてちょっと涙が出てきた。
それからは、一進一退のちょっと退屈な展開。東京の攻撃はそれほど怖いものではないのだけれど、それでもちょっとしたことで点が入ってしまうのがサッカー、油断はできない。
と、思っていたのに、後半にはいるとあれよあれよという間に相手が退場、追加点、追加点、とこれまた大盛り上がり。
録画しておいたテレ玉で見ても、退場した選手は、1枚目にカードをもらったのと全く同じ、「後ろから押す」ということをしているのだから、言い訳不能。その後のアレのゴールも、フリーキックの流れからで、選手だってまだそれほどばらけていなかったのだから、1人少ない、という言い訳も不能。
最後には、欲しかった、取らせたかった達也の点。
美園の駅まで歩きながら、しみじみと「幸せだ……」と思った、そんな試合だった。

テレ玉の実況は、東京MXテレビでも放送することが決まっているからか、至って中立。上野アナも器用だな、ちゃんと「鈴木 田中 小野」と呼んでいる。最後の方なんか知らない人が聞いたら、東京ローカルかと思うくらい島挙の話ばかりだった。さすがプロです、上野さん。

さて、イエメン戦。
レッズ系のアンテナから来る人が少々の過疎ブログなので言ってしまいますが、長谷部と山瀬がいた「2004年レッズ型代表」の方がよかったんじゃない? それは、親善試合と公式戦は比べようがないですが、ガンバ勢がいまいちで、先発したJEF組もいまいちな気がした。
なのにテレビ朝日の実況解説では、やたらとJEF組ばかりを持ち上げている。一番「水を運んでいた」のは啓太じゃないか! 達也も叩いている人がいますが、一番チャンスを作り出していたでしょう。 

わたしはオシム監督が好きだし、すごく期待もしてるけど、なんでもかんでも「オシム効果」は変でしょう。
土曜日のFC東京戦がよかったのは確かに、代表効果かもしれないけど、しつこいようですが2004年後期には、オシムと無関係にああいうサッカーができていたんですよ。
それから、トリニダード・トバゴ戦の時、啓太と闘莉王のポジションチェンジ、「さすがオシムサッカー」と言ってますが、いつもレッズでやってますって。一般ニュースならともかく、サッカー番組でそれはないでしょう。

なんといっても、これがスタート。まさかジーコジャパンの時のように、上積みがほとんど無い、ということはあり得ないので、わくわくしながら見守りましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トリニダード・トバゴ戦

オシムジャパンメンバー発表以来、あっちのサイトを見て、こっちのサイトを見て、自分のブログを更新する暇なんかありませんでした。
レッズからいっぱい選ばれて非常に非常にうれしいのですが、個人的には、達也、啓太そして山岸の選出がうれしかったです。レッズですら控えキーパーと見られている浦和の背番号1。残念ながら今回出場はありませんでしたが、いつかは代表出場歴がつくといいです。だけど見ていて胸が潰れそうになるだろうな。

さて、トリニダード・トバゴ戦。山岸意外のレッズメンバー6人に、もとレッズの山瀬がいて、2004年レッズが見たい!と思っていたのは私たちレッズサポだけではなかったんだと思いました。オシムも見たかったんでしょ、ね。
前半30分ぐらいまでは本当に「かゆいところに手が届くサッカー」実況解説でも「次にこうして欲しい、というプレーをしてくれます」と言っていました。そのほかにも前チームに対する皮肉ですか?と言いたくなる言葉が次々に現れる。アンチジーコだったけど、だんだん、その実況に対する反発のほうが強くなってくる。彼らだってがんばっていたんだよ!
アレのフリーキックは芸術的だし。2点目なんて、すばらしい連携とフリーランニングから、キーパーをあざ笑うようなボレーシュート。夕刊紙には「斬られ役だ」とまで言われたアレだけど、ジーコジャパンでだって、浦和でだって一番試合に出て、活躍していたのはアレなんだよ。
達也の走りとシュートの早さは健在。今日は残念ながら得点できませんでしたが、フォワード同士の連携ができてくれば、ゴールは遠からず生まれるでしょう。
長谷部はいいシーンもあったけれど、他の浦和選手に比べればちょっとアピールは弱かったかな。オシム道場で鍛えられて1レベルも2レベルも上げてください。
今野の代役、とだけ思っていた方々を驚かせた鈴木啓太。彼が代表に必要な人材ということは、とっくにわかっていたことですよね、レッズサポの皆さん。初代表でいつもの持ち味をいつものように出せる精神力もすごいと思います。次回のイエメン戦の解説は山本さんだそうですよ。
坪井は一度ポカをやって、その辺もちょっと坪井らしかった。そのほかは無難なでき、という感じかな? 途中交代は、後ろから引っかけられたこともあるけれど、「ベストな状態でプレーをして、迷惑を掛けるわけにはいかない」という彼のポリシーからでしょう。それにしても、あの大けがから、足がつりやすくなったとのこと。やっぱり大きな怪我は怖いですよね。

さて、土曜日にレッズの試合があります。いくら代表が「レッズジャパン」だって、レッズが強くなければ元も子もありません。
がんばってくれよ~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »